えいあーるれいの技術日記

ROS2やM5 Stack、Ubuntuについて書いています

Raspberry Pi 5の憶測記事まとめ

f:id:Ray_ar:20211116204008p:plain

Raspberry pi 5の予想記事やコメントがちまちまと出ているようです。

forums.raspberrypi.com

Raspberry Pi 4は2019年の6月頃に発売(日本はおよそ半年後に発売)されてすでに2年と5ヶ月経っています。Raspberry Pi 3の発売日(2016年2月)から4の発売まで3年空いているので実はそろそろ?みたいな感じです。(情勢的に全くそんな気配ないですが。)

Raspberry Pi財団のCEO兼創設者のEben Upton氏は「全てではないけど、Raspi 4AとタッチスクリーンとRaspi5の開発に取り組んでるよ〜」的なことをインタビューで言っているらしく、いつかは出るのでしょう。

↓インタビュー記事はこちらから

www.notebookcheck.net

さて、他の記事の予想は?

Raspberry Pi 5の仕様は投稿時点では全く公表されていないため、これらの情報は一切証拠があるわけではないのですが、やっぱり予想というのはたのしいですよね。

たくさんの予想記事が出ていたのでそれらを見てまとめてみました。

インタビュー記事では?

インタビュー記事ではRaspberry Pi 5について次のようなパワーアップがされるとのこと。以下の項目については、おそらくほとんど実現するでしょう。

  • 高速なSoC

  • USB I/Oの向上

  • 8GBを超えるのRAM

  • より強力なEthernetWi-Fi

(予想)記事1

  • eMMCメモリ:容量SDカードの代替となるかもしれない。

  • SATAポート:NASサーバなどの構築に使えるかも知れない。

  • (その他m.2などの機能も期待されているもよう)

botland.store

(予想)記事2

もっとも詳細に予想しています。

  • Quad-core Cortex-A76 (ARM v8.2) 64-bit SoC @ 2GHz

  • 4GB, 8GB or 16GB LPDDR5 SDRAM

  • 2.4 GHz and 5.0 GHz IEEE 802.11ac wireless, Bluetooth 5.2

  • 2 × traditional HDMI ports 4K 60Hz

  • Micro-SD card slot for loading OS and data

  • 5V DC via USB-C connector

  • 5V DC via GPIO header

  • $90

CPUはARMv8の2GHzが予想されていますね。無線周りのアップグレードは有り得そうです。

raspberryexpert.com

(予想)記事3

  • 2GhzCPU

  • LPDDR5SDRAM

  • Wi-Fi(デュアルバンド)

  • emmcストレージ

  • 4k 60HzのHDMI

mender.io

(予想)記事4

  • 4K60Hz

  • Bluetooth v5.2

  • emmc

  • LPDDR5RAM 16GB

  • 2GHz ARMv8

  • ハードウェアADCや割り込みが搭載されたGPIO

www.upswift.io

4コア2.0GHzのBROADCOM SoCは公式サイトにあった

いかがでしょうか?これらの記事は憶測に過ぎませんが、あと数年したら出てくるであろう高性能Raspberry Piで何をしたいのかという妄想は膨らみますね。

歴代Raspberry Piに搭載されてきたBROADCOM SoCが次世代のRaspberry Piに搭載される可能性は高いと思われますが、これまで書いてきた内容である「2GHzのCPU」自体はすでにカタログに存在します。

あと数年後したらこれかそれ以上のSoCが搭載されると思われます。数年後はもっとIoTやロボティクスの市場は拡大すると思うので、AI処理能力が向上するといいなーと個人的には思います。

しかし、現在は今のRaspberry Piすら入手困難な状況が続いているので、その問題の解消にも期待したいです。